名古屋市介護保険住宅改修費(介護リフォーム)の支給

介護保険住宅改修費の支給


☆ 住宅改修費の支給 (随時受付)

【あらまし】

 在宅の要介護・要支援者が現に居住する住宅について、手すりの取り付けや床を滑りにくい材料に変更するといった小規模な改修を行ったときは、申請により20万円の利用限度額の範囲内で、費用の9割(自己負担1割を除く18万円まで)が支給されます。

【支給方法】

 名古屋市では、住宅改修費の支給を以下の2つの方法で行っています。

 ・償還払い方式・・・改修工事を行った利用者が、いったん費用の全額を施工事業者に支払い、その後申請により費用の9割の支給を受ける方法

 ・受領委任払い方式・・・利用者が費用の1割を施工事業者に支払い、費用の9割を名古屋市が施工事業者に直接支払う方法

【支給要件】

 ・心身や住宅の状況からみて必要な改修であること
 ・要介護・要支援者が居住する(住民票がある)お住まいの改修であること
 ・改修内容が介護保険支給対象の工事であること
 ・住宅改修の着工前に、区役所または支所に申請をしていること
 ・受領委任払いをする場合には「受領委任払い取扱事業者」として登録された事業者による住宅改修であること

【事前申請に必要となる書類等】

 償還払い方式: 介護保険居宅介護/介護予防住宅改修費支給申請書
 受領委任払い方式: 介護保険居宅介護/介護予防住宅改修費事前承認申請書(受領委任払い用)

 併せて提出又は提示していただく書類等
 ・工事見積書及び図面
 ・住宅改修が必要な理由書(ケアマネジャー等に記入してもらってください。)
 ・改修前の状態が確認できる写真(撮影日の入ったもの)
 ・住宅の所有者の承諾書(改修する住宅の所有者が被保険者本人以外の場合)
 ・介護保険被保険者証
 ・印かん

【支給申請に必要となる書類等】

 改修工事に着工する前に、区役所または支所へ事前申請が必要となります。

 償還払い方式: 介護保険居宅介護/介護予防事前確認書、預貯金通帳など口座が確認できるもの
 受領委任払い方式: 介護保険居宅介護/介護予防住宅改修費支給申請書(受領委任払い用)、介護保険住宅改修  費事前申請承認通知書(受領委任払い用)

 併せて提出又は提示していただく書類等
 ・住宅改修が必要な理由書(介護保険住宅改修状況等確認書)の写し
 ・領収証(原本であり、かつ領収証の宛名は被保険者のもの)
 ・工事内訳書及び図面
 ・改修後の状態が確認できる写真(撮影日の入ったもの)
 ・介護保険被保険者証
 ・印かん

【受付窓口・問い合わせ先】

 お住まいの区の区役所福祉課または支所区民福祉課


☆ 個人には難解な申請書類の作成もご相談ください ☆
キッチン

 

サイトマップ