名古屋市非木造住宅耐震改修助成

名古屋市非木造住宅耐震改修助成(平成29年度)



非木造住宅耐震改修助成


 昭和56年5月31日以前に着工された木造以外の住宅(マンション、共同住宅、長屋、戸建住宅)について、耐震診断の結果、「安全な構造でない」と判定された建物の耐震改修工事を行う場合に、名古屋市が耐震改修設計費及び改修工事費の一部を補助します。

[新制度]平成29年度より耐震改修工事を2回に分けて行う工事(段階的耐震改修工事)についても補助を行います。



補助対象建物

・昭和56年5月31日以前着工の非木造の住宅(マンション、共同住宅、長屋、戸建住宅)で耐震診断の結果、「安全な構造でない」と判定されたもの
ただし、段階的耐震改修工事については耐震診断の結果、Is値が0.3未満と判定されたもの

・住宅以外の用途が延べ面積の2分の1未満であること

・「耐震改修促進法」に基づく耐震改修の計画の認定(長屋、戸建住宅は評定)等を受けて、耐震改修設計・工事を実施するもの

※ 国、地方公共団体又はこれらに準ずる法人等が所有するものは補助対象外となります。


補助内容

1. 耐震改修設計

 耐震改修設計費用の3分の2

2. 耐震改修工事

 耐震改修工事の補助金額

 区分:戸建住宅

 補助金額(いずれかのうち一番低い額

 ・耐震改修工事の約15%
 ・延べ面積に33,500円/平方メートルを乗じた額の約15%
 ・60万円

 区分:長屋及び共同住宅

 ・耐震改修工事の約15%
 ・延べ面積に33,500円/平方メートルを乗じた額の約15%
 ・30万円×住戸数

 区分:マンション

 ・耐震改修工事の約15%
 ・延べ面積に49,300円/平方メートルを乗じた額の約15%
 ・50万円×住戸数

3. 段階的耐震改修工事

 段階的耐震改修工事の補助金額

 区分:戸建住宅

 補助金額(いずれかのうち一番低い額

 1段階目

 ・耐震改修工事費用の約15%
 ・延べ面積に33,500円/平方メートルを乗じた額の約6%
 ・25万円

 2段階目

 ・耐震改修工事費用の約15%
 ・(延べ面積に33,500円/平方メートルを乗じた額の約15%)−1段階目の補助金
 ・60万円−1段階目の補助金

 区分:長屋及び共同住宅

 1段階目

 ・耐震改修工事費用の約15%
 ・延べ面積に33,500円/平方メートルを乗じた額の約6%
 ・12万円×住戸数

 2段階目

 ・耐震改修工事費用の約15%
 ・(延べ面積に33,500円/平方メートルを乗じた額の約15%)−1段階目の補助金
 ・30万円×住戸数−1段階目の補助金

 区分:マンション

 1段階目

 ・耐震改修工事費用の約15%
 ・延べ面積に49,300円/平方メートルを乗じた額の約6%
 ・20万円×住戸数

 2段階目

 ・耐震改修工事費用の約15%
 ・(延べ面積に49,300円/平方メートルを乗じた額の約15%)−1段階目の補助金
 ・50万円×住戸数−1段階目の補助金

 ※マンション:3階以上かつ延べ面積1,000平方メートル以上、耐火又は準耐火建築物

 ※耐震改修設計、工事実施(契約)前に申請をし、交付決定を受ける必要があります。




※耐震改修設計、改修工事それぞれに必要書類を提出。

1. 事業計画書の提出

2. 適用通知

3. 補助金交付申請

 → 耐震改修設計費の申請の受付: 4月から11月末日まで

4. 補助金交付決定

5. 設計・工事業者と契約

6. 着手届の提出

→ 交付決定日から30日以内に提出

7. 耐震改修設計・工事

→ 耐震改修促進法に基づく耐震改修の計画の認定等を受けたもの

8. 完了

9. 完了実績報告書の提出

→ 設計は2月末締切
→ 工事は3月末締切

10.補助金受取


 以上、より詳しい制度の内容は名古屋市ホームページでご確認ください。申請に必要な書類等のダウンロードも可能です。


お問い合わせ先

住宅都市局都市整備部耐震化支援室支援係

 電話番号:052-972-2921
 ファックス番号:052-972-4179
 電子メールアドレス:a2921@jutakutoshi.city.nagoya.lg.jp


地域の優良店を探してみませんか?
キッチン

 

サイトマップ